マサ爺日記 ハイエース時々ハーレー

サラリーマンが第一線を引退後 趣味を中心に生活する記録です。

ソーラー発電取付 4

ソーラーパネル取付と配線準備します。
配線の取り回しは、ボディーには穴開けたく無いのでバックドアとボディーの間をはわせ
テールランプに穴を開けて 室内に引き込もうと考えてます。
話はそれますが、構造を調べるためビッグフットくんを動かしていたら、家にぶつかり ガラス割れました。
ガラス屋さんをネットで調べ見てもらったら¥16600との事‼️
知合いに頼んで修理しました。¥6000の出費です。

ソーラーパネルは、両面テープで固定します。
試しに屋根に載せてみました。凸凹になってますので凸の部分に両面テープで固定します。


ソーラーパネルの取付と配線の取り回しは、日曜日にする予定です。

飛散防止対策にワイヤー固定します。
切売ワイヤー 1mm×2.5m 金具 2個 スリーブ 1P

D@さんで、¥750でした。
ソーラーパネルにステーを固定します。
穴径3.2mmです。M4ネジに加工しました。
裏から皿ネジで止め更にナットで締めてます。ダブルナット方式で緩み止めです。
皿ネジを使いましたので凸にはなってません。



配線も紙テープで固定して 準備完了です。


ソーラー発電取付1でアップしました白色の部品が何か判りました。
やはり走行充電の部品でセパレーターでした。
下記がこの部品の説明です。

•メインバッテリーとサブバッテリーの間に組み込むだけの簡単接続で走行充電とメイン保護、そして外部充電コントロールが自動で行われます。
●走行充電中、メインバッテリーが13.6V(27.2V)前後になると、自動的にサブバッテリーと並列に接続され、サブバッテリーの充電が始まります。
●逆に電気を消費するときは、12.4V(25.2V)になった時点でメインバッテリーを切り離し保護します。メインを上げてしまうことはなくなります。以後はサブからのみ電気供給がされます。

これなら 走行充電を切る事ができますが、後にします。